早く気づいて良かった息子の滲出性中耳炎。

私には息子がいますが、3歳の頃滲出性の中耳炎になった経験があります。その時、私は妊娠していてつわりがひどくさらに風邪を引いて副鼻腔炎になっていました。息子も鼻水は出ていたけれどすぐに治るだろうと思い耳鼻科へは行っていませんでした。
つわりが落ち着き、ようやく動けるようになり母も鼻が悪く、3人で耳鼻科へ行ったのです。その時、母と私は先生に診てもらったのですが、そこは開院したての耳鼻科で他に患者さんがいなかったことからついでに息子も診てもらうことに。そこで「滲出性の中耳炎になっています」と言われ、抗生物質を処方されました。これで治らなければ切開手術と言われたのです。その後、薬では治らず切開手術をしてしばらくしてから完治したのです。私はあまりその時重要に考えていなかったのですが、母は「耳が聞こえなくなっていたかも」と言うのです。
今考えると、あの時母親に背中を押されて息子の受診をしたことが良い方向に向いたのだなと思っています。今、元気な息子の姿を見ていて早く治療をして良かったなとつくづく感じます。酵素 アンチエイジング

仕事がしにくいので、早く席替えをしてもらいたいな

私の職場では定期的に席替えがあるのですが、もうそろそろその席替えのタイミングがやってきます。
普段の私なら、別に席替えなんてあってもなくてもいいと思っています。
でも、今回ばかりは早く席替えをしてもらいたくて、待ちに待っているという感じなのです。
というのも、いまの私の席の後ろ側には、大きな窓があるのですが、これが曲者なんですよね。
午前中はこの窓からかなり明るく光が入るのですが、それがパソコンの画面に見事に反射してしまうんですよね。
なので、午前中はパソコンが見にくくて仕方ないので、一刻も早く席を変わりたくてしかたがないのです。
私のいる部署は建物の3階なので、外から窓を通して中が見えるということもありません。
外光を取れば省エネにもなるということで、基本的にカーテンなどで光を遮ることもしていないので、もうどうしようもないんですよね。
この席に代々座ってきている人たちは、こんな状況に文句の一つも言わなかったのだろうかと思ってしまいます。アコム 即日