炭酸飲料は、なんで振ると飛び出すんだろう

ふと思ったのですが、炭酸飲料の缶やペットボトルは振ると、開けたときに吹きこぼれますよね。
当たり前と言えば当たり前のことなのですが、でも、あれって、どうして吹きこぼれるんでしょうか。
例えばお風呂に入れて楽しむ泡風呂だとか、洗濯機の洗剤のように、振ることで空気が混ざって泡立つというわけではないですよね。
でも、ペットボトルだとよくわかりますが、炭酸飲料は振ると中の気圧が高まりパンパンになります。
なので、液体が気体になったりして体積が増えることで気圧が上がり、栓を開けたときに一気に抜けるのでしょう。
でも、気体だけではなく、液体までぷしゅーっと外に拡散するというのは、ちょっと不思議に思ってしまいます。
あまり考えても仕方のないことなのかもしれませんが、一体どういう原理でああいった現象が起こるのでしょうか。
もともと私はあまり頭の良い人間ではありませんが、炭酸の抜けた炭酸飲料はしゅわしゅわ感がなくなっています。
なので液体の中に含まれていたものが何らかの形で変化しているのだとは思うのですが、ちょっとそれ以上のことはよくわからないんですよね。http://www.fndg.co/teikinri-karikae.html