明日からの予定をひそかにまとめ直していました。

 明日は、とうか明日から日サロへ3回行きたいと思っていたのですが、ちょっと体調的にやはり無理そうなので明日は、飛ばして水曜日からにして2回にしようと思っています。明日はとりあえず無料券をもってパスタを食べに行きたいと思っています。金曜日は唐揚げを食べに行ったのですがこの時期の風邪はなかなか治らないと言うか全くよくならないです。趣味のオンラインゲームも今週はボロボロでした。毎日のやることをしっかりやれずにいましたし調子が悪いとここまでダメになってしまうのかと思いました。私は一度、落ちるとなかなか気持ちが調子が戻ってくるまで時間がかなりかかるのでその辺も明日から少しずつ見つめ直して治していきたいと思っています。色々と相談に乗ってくれる人ももいて有難かったりするのですが、火曜日は子供たちとゲームをやりに行きたいと思っています。最初から素直に病院へ行っていればここまで中らなかったのかなと思うのは反省しています。

月組の組長を務める実力派の娘役、憧花ゆりのさん

宝塚歌劇団月組の憧花ゆりのさん。2000年に86期生として入団し、花組『源氏物語 あさきゆめみし』『ザ・ビューティーズ!』で初舞台を踏みました。2013年3月25日付で、花瀬みずかさんの退団に伴い月組副組長に就任しました。その後2016年9月5日付で、飛鳥裕さんの専科への異動に伴い月組組長に昇格しました。
2012年『ロミオとジュリエット』では、ジュリエットの母親であるキャピュレット夫人を演じ、伸びやかな歌声を聴かせました。2015年『1789−バスティーユの恋人たち−』では、王妃マリー・アントワネットの良き理解者であるヨランド・ドゥ・ポリニャックを演じ、舞台の一番最後のパレードの最初の歌手であるエトワールを初めて1人で歌いました。2016年『FALSTAFF〜ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ〜』でも再びキャピュレット夫人を演じました。
2018年『カンパニー』『BADDY−悪党(ヤツ)は月からやって来る−』に出演されます。