カンブリア紀やクックソニアなどについて稽古

カンブリア紀の末には原始的な魚類も生じ、デボン紀には魚類の時といわれるほど多くの系統が現れました。古生代の3億年間の当初は基本的に温暖な時でしたが、後には氷河が発達した冷温期がおとずれました。カンブリア紀に貫くオルドビス紀にには温暖な気候の根本、フデイシ(筆石)やサンゴなどが現れました。また、節足動物のなかまがやっと陸上に進展しましたが、これらはとっくに陸上で増殖していた菌類を食べていたと考えられています。次に、古生代などについて育成しました。最初の陸上生き物ですクックソニアが現れたのはシルル紀になってからだ。また、脊椎動物の上陸は二度と遅く、デボン紀になって魚類から分かれた両生類のイクチオステガが始めでした。デボン紀中頃にはシダ植物が大形化し、時々20mをこえる大木も現れました。このようなことを覚えましたが、知らなかったことが結構ありましたが、時間があるときに復習したいなと思います。